コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離島振興法 りとうしんこうほう

百科事典マイペディアの解説

離島振興法【りとうしんこうほう】

の後進性と基礎条件を改善し,産業振興対策を行うための法律(1953年)。首相による離島振興対策実施地域の指定,首相・知事による電力・水道・道路・漁港・教育・厚生等の振興計画の作成,事業の実施および助成方法等を定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の離島振興法の言及

【島】より


[島の産業]
 日本の島の産業の中心は,昔から水産業であると思われがちであるが,実は長い間,農業が島の生産の柱であった。離島振興法指定離島における水産業の生産額が農業のそれを上回ったのは,昭和40年代に入ってからにすぎない。大消費市場から遠く隔てられ,港も整備されず,交通も不便な島では,漁業の発達は困難だったのである。…

※「離島振興法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

離島振興法の関連キーワード宮本常一(みやもとつねいち)飛島(山形県)大島(大分県)広島県の島忽那諸島宮本常一島の産業甑島列島屋形島八丈島保戸島無垢島大入島坊勢島僻地沖島離島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離島振興法の関連情報