離活(読み)りかつ

  • りかつ〔クワツ〕

知恵蔵の解説

婚活動の離婚に向けた活動のことを指す。具体的には、離婚のための法律知識を仕入れたり、住居や仕事などを確保して生活の基盤を作っておくことである。
2002年には1000人あたり2.3と史上最も高い数値だった離婚率は、08年には1.99にまで下がった。しかしその中で「離婚」という現象については注目が集まり、09年4月から5月にかけて、NHK総合テレビで『コンカツ・リカツ』というドラマも放映されている。
離活ブームの背景には、07年に施行された年金分割制度を利用しようと女性のが考え、実行しようとしていることが挙げられる。また夫の経済苦や失業、浮気・不倫、暴力などをきっかけに離婚をしようと考える女性もいる。他にも、マスメディアで芸能人の離婚が頻繁に取り上げられ、「離婚」ということについてハードルが下がった現実もある。
現在は「離婚カウンセラー」という職業も出現し、離活に関するサポート活動をしている。
離活をするのは女性が中心だが、最近では男性も離活するようになっている。離婚カウンセリングを行う「離婚110番」(東京都渋谷区)によると、妻の浮気やDVを理由に離婚を切り出す夫が最近増えているという。これまでは離婚の際に一般には母親が親権を手にしてきたことが多かったが、夫の側が親権を手にしようとしている状況も生まれてきている。ただし、実際にはやはり母親が親権を確保することが多いとのこと。

(小林拓矢  フリーライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「離婚活動」の略》離婚に向けて行う準備活動。離婚調停の際に必要な法律の知識をにつける、離婚後の生活環境を整えるために離婚後の住居を確保する、就業のための資格を取得するなど。「婚活」に対してできた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android