就業(読み)しゅうぎょう

精選版 日本国語大辞典「就業」の解説

しゅう‐ぎょう シウゲフ【就業】

〘名〙
① 工場、商店、その他の事業場で、仕事につくこと。業務にとりかかること。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※監獄法(明治四一年)(1908)一六条「工場に於ける就業の場合に之を準用す」
② 学校で、授業を受けること。
小学読本(1873)〈田中義廉〉三「就業の時間は、出精して業を勉め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「就業」の解説

しゅう‐ぎょう〔シウゲフ〕【就業】

[名](スル)
その日の業務に従事すること。仕事に取りかかること。「毎朝定時に就業する」
職業につくこと。
[類語]就職就任就役就労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「就業」の解説

【就業】しゆうぎよう(しうげふ)

ことに従う。学問する。〔北史、高允伝〕性、學を好み、を擔(にな)ひ書をひ、千里業に就く。く經・天數にず。

字通「就」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android