難に臨んで遽かに兵を鋳る(読み)ナンニノゾンデニワカニヘイヲイル

デジタル大辞泉の解説

難(なん)に臨(のぞ)んで遽(にわ)かに兵(へい)を鋳(い)る

《「晏子春秋」雑上から》戦争が起こってから急いで武器を作る。事が起こってからあわてて準備をしても間に合わないというたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android