コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敵を見て矢を矧ぐ テキヲミテヤヲハグ

デジタル大辞泉の解説

敵(てき)を見(み)て矢(や)を矧(は)ぐ

敵を目前にして、ようやく矢竹羽根をつけて矢を作る。必要が迫ってあわてて準備すること、手遅れの処置たとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てきをみてやをはぐ【敵を見て矢を矧ぐ】

〔「矢を矧ぐ」は、矢に矢羽をつけること〕
事が起こってからあわてて準備にとりかかる。後手ごてにまわることのたとえ。どろなわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

敵を見て矢を矧ぐの関連キーワード戦を見て矢を矧ぐ矢羽後手

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android