コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦を見て矢を矧ぐ イクサヲミテヤヲハグ

デジタル大辞泉の解説

戦(いくさ)を見(み)て矢(や)を矧(は)ぐ

戦いが始まってからを作る。事が起こってからあわてて準備にとりかかることの愚かさをいうたとえ。敵を見て矢を矧ぐ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いくさをみてやをはぐ【戦を見て矢を矧ぐ】

事が起こってから、あわてて用意をすることのたとえ。泥棒を見て縄をなう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戦を見て矢を矧ぐの関連キーワード戦・軍戦い用意泥棒

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android