コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難升米 なんしょうめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

難升米 なんしょうめ

?-? 3世紀前半,卑弥呼(ひみこ)の使者。
魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」によれば,魏(中国)の景初(けいしょ)3年(239。景初2年説もある),邪馬台国(やまたいこく)から洛陽(らくよう)にいたり,魏の皇帝に男女10人の生口(せいこう)(奴隷)と斑布(はんぷ)を献上,率善中郎将(そつぜんちゅうろうしょう)の称号と銀印(ぎんいん)青綬(せいじゅ)をさずかった。「なしめ」などともよまれ,「日本書紀」の引用文には難斗米とある。

難升米 なしめ

なんしょうめ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

難升米の関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)親魏倭王印卑弥呼劉夏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android