コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波宮(なにわのみや)跡 なにわのみやあと

知恵蔵の解説

難波宮(なにわのみや)跡

大阪市中央区にある7〜8世紀(飛鳥〜奈良時代)の首都・副都の遺跡で、2004年2月に国家祭祀の珍しい絵馬37点、宮の北限が確かめられ、南北約754m、東西約615mの規模などが分かった。同遺跡からは、年号が分かる最古の「戊申(ぼしん)(648)年」と書かれた木簡、行政組織の「郡」に先立つ650年前後の最古の「評」木簡が判明し、奈良県明日香村の飛鳥池遺跡で出土した7世紀後半の最古の「天皇」木簡などと共に、古代史上の最重要木簡資料とされている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

難波宮(なにわのみや)跡の関連キーワード大阪府大阪市中央区法円坂難波長柄豊碕宮飛鳥稲淵宮殿跡山根 徳太郎大阪(市)七尾瓦窯跡直木孝次郎法円坂遺跡難波宮跡大阪市高津宮難波京

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android