雨ゴート(読み)アマゴート

大辞林 第三版の解説

あまゴート【雨ゴート】

雨の時に着る和服用のコート。多く繻子しゆす地を用い、対丈ついたけに仕立てる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨ゴート
あまごーと

雨天の外出時に着物がぬれないように着る防雨用和服コート。主として女性が用いる。古くは合羽(かっぱ)といった。コート丈は、帯を締めた上に着衣して、かかとまでの丈を計り仮縫いをして定める。裄丈(ゆきたけ)、袖幅(そではば)、袖付けは長着より8ミリメートルずつ寸法を大きく仕立てる。前身頃(まえみごろ)の裾(すそ)に前上がりをつけ、歩きやすくする。小衿(こえり)には立ち衿と折り衿とがある。立ち衿は角・丸の道行衿、千代田衿、折り衿はへちま衿を基本とし、デザインによって多くの変形ができる。近年は道行角衿が一般に多く用いられる。布地は防水加工を施し、主として繻子(しゅす)、紋繻子や、紬(つむぎ)、絣(かすり)木綿なども用いる。雨ゴートは四季を通じ単(ひとえ)仕立てにする。肩すべりは着脱しやすい滑りのよい布地を用いる。紗(しゃ)のような薄物に防水加工をして、用いることもある。また、半コートと下半身を覆う下衣との二部式は、晴雨兼用として便利である。[藤本やす]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android