コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪折れ ゆきおれsnowbreak

翻訳|snowbreak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪折れ
ゆきおれ
snowbreak

の重みによる樹木,電柱などの折損。地物に積もる雪のことを冠雪といい,この重みによる被害の一つ。地物の形態と気象条件,雪の性質などの関係によって起こる。「柳に雪折れなし」と諺にあるように,柳のようにしなる樹木は雪によって折れることはない。地物を補強したり,枝をひとまとめにして槍の穂のような形に結び,冠雪のできにくいようにするといった防除法がとられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐おれ〔‐をれ〕【雪折れ】

積もった雪の重みで木の幹や枝、竹などが折れること。また、そのもの。 冬》「―や雪を湯に焚く釜の下/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきおれ【雪折れ】

( 名 ) スル
降り積もった雪の重みで、木や竹の枝や幹などが折れること。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雪折れの関連情報