コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪腐黒色小粒菌核病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

雪腐黒色小粒菌核病(アカクローバ)

株枯れを引き起こし、主に北海道で発生する重要病害。病徴は融雪直後から現れ、茎葉は水浸状になり、ゆでたように軟化して、乾くと灰褐色に変色する。この 上には暗褐色〜黒色、球形〜不整形、直径0.5-1mm程度の菌核を多数形成する。マメ科牧草には生物型Aが寄生するとされている。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

雪腐黒色小粒菌核病(アカクローバ)の関連キーワード雪腐病

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android