コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稔性 ねんせいfertility

翻訳|fertility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稔性
ねんせい
fertility

おもに植物学での訳語で,有性生殖によって種子を生じること。不稔性に対する語。繁殖可能性ともいい,動物学では妊性とも訳す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねん‐せい【×稔性】

植物が受粉し、果実をつくることが可能であること。結実性をもつこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねんせい【稔性 fertility】

生殖細胞が健全に形成され,機能していて,生活環境が有性生殖の過程で断ち切られることなく,次代の生物が作られること。ふつうは植物についていうことが多い。何らかの原因によって性が阻害され,次代の植物が育たない現象を総称して不稔性sterilityという。不稔となるのにはいろいろの様式があるが,形態的不稔性(生殖器官に発達異常がみられるもの),発生的不稔性(胚囊や花粉管など配偶体世代に相当する部分に異常のみられるもの,胚や胚乳の形成が異常なものなど),不和合性(花粉も胚囊も完全に機能しているのに特定系統間で交雑を行ったときには受精不能であるもの)などが区別されることもあり,広義には,環境条件によって花をつけなかったり早く落花したり,または種子が発芽できなかったりする場合も含めて不稔ということがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねんせい【稔性】

有性生殖の過程に異常がなく、交配により子孫を作り得ること。 → 不稔性妊性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稔性
ねんせい

不稔性に対する語。植物が受精して種子を形成する際に、発芽・生育することのできる種子をつくることをいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

稔性の関連キーワード雪腐黒色小粒菌核病(オーチャードグラス)雪腐黒色小粒菌核病(ライグラス)雪腐黒色小粒菌核病(フェスク)雪腐黒色小粒菌核病(チモシー)年・念・捻・然・燃・稔・粘スジギボウシ(筋擬宝珠)サンゴジュ(珊瑚樹)ブシュカン(仏手柑)イヨカン(伊予柑)モロコシ(蜀黍)ニンニク(大蒜)アーティチョークヤクシマランベンケイソウ隔離(生物)自家不和合性アツモリソウタヌキアヤメツメレンゲリンネソウ