コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲形病(リードカナリーグラス)

1件 の用語解説(雲形病(リードカナリーグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

雲形病(リードカナリーグラス)

全国的に発生する重要な斑点性の糸状菌病。関東地方では春と秋に発生するが、北海道では年間を通して発生する。初め水浸状の小さな病斑であるが、やがて内 部は淡橙色〜灰白色、周縁部は褐色で、長紡錘形レンズ形、長さ1-3cm、幅2-5mmの特徴的な病斑を形成する。病斑は徐々に融合し、『雲形』になっ ていく。葉は病斑部から裂けることが多く、すだれ状になることもある。冷涼多湿条件で多発する。病原菌は麦類の雲形病菌と同種だが、寄生性が異なる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲形病(リードカナリーグラス)の関連キーワード黒斑病(エンバク)斑点病(ライムギ)雲形病(オーチャードグラス)縁枯病(ライグラス)縁枯病(ベルベットグラス)斑点病(アカクローバ)斑点病(シロクローバ)斑点病(クリムソンクローバ)斑点病(アルサイククローバ)斑点病(サブタレニアンクローバ)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone