雲板(読み)うんばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲板
うんばん

禅宗寺院で庫裏 (くり) や斎堂の前に掛け,法要,坐禅,食事などの時刻を知らせる打鳴具。青銅または鉄の鋳製板で,形状は上辺雲形切込みをつけたほぼ楕円形。元来は中国の楽器で,宋時代に雲板の形ができたらしく,鎌倉時代禅宗とともに渡来した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲板の関連情報