コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲板 うんばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雲板
うんばん

禅宗寺院で庫裏 (くり) や斎堂の前に掛け,法要,坐禅,食事などの時刻を知らせる打鳴具。青銅または鉄の鋳製板で,形状は上辺雲形切込みをつけたほぼ楕円形。元来は中国の楽器で,宋時代に雲板の形ができたらしく,鎌倉時代禅宗とともに渡来した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

雲板の関連キーワード皆吉 爽雨鐘∥鉦快書

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android