コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庫裏 くり

デジタル大辞泉の解説

く‐り【庫裏/庫×裡】

寺院で、食事を調える建物。庫院(くいん)。
住職やその家族の住む場所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の庫裏の言及

【禅宗寺院建築】より

…塔頭は高僧が子院に住み弟子,従僧をもつことから,高僧の墳墓を院内につくり,その墓塔を弟子が守り拝礼する昭堂などがおかれ,子院を継承するようになって定着した。住持の居室と客殿を兼ねた方丈と,政所(まんどころ),食堂,厨房,従僧居室を兼ねた庫裏(くり)とが組み合わされて主体となる。この組合せは,地方寺院に宗派とは関係なく伽藍形式として取り入れられた。…

【塔頭】より

…明治以降は法的には一末寺としての取扱いをうけている。 塔頭の形態は,卵塔(らんとう),昭堂(しようどう),方丈(ほうじよう),僧堂,書院,庫裏(くり)などから構成される。禅僧の墓を卵塔あるいは無縫塔と呼び,四角,八角の台座に卵形の塔身をのせる。…

※「庫裏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

庫裏の関連キーワード宮城県宮城郡松島町松島福島県いわき市平山崎青森県弘前市西茂森宮城県宮城郡松島町奈良県天理市柳本町ストック・ポイント永源寺(寺)随心院境内安国寺恵瓊玉鳳院庭園雲版・雲板七堂伽藍善光寺跡定林寺跡比曽寺跡隠巌衍真霊鑑寺宝福寺明通寺西大寺

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庫裏の関連情報