地縁(読み)ちえん

精選版 日本国語大辞典「地縁」の解説

ち‐えん【地縁】

〘名〙 住む土地から生ずる縁故関係。土地をなかだちとする会的な関係。→血縁(けつえん)
※風土(1935)〈和辻哲郎〉三「シナ人は血縁的もしくは地縁的団体の拘束以外にはいかなる拘束をも肯(がえ)んじない人間である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「地縁」の解説

ちえん【地縁】

社会的結合の基本契機が地理的近接性と,それにまつわる生活関連(相互扶助など)にある場合を指す。しかし地理的近接性がただちに社会的結合を導くわけではなく,たとえば前近代社会では,一定の地理的範囲の人びとの生活関連が相互に織り成すかたちで,重畳的・重層的な小宇宙,地域社会統一を形成していた。このことは,地縁性と血縁性とを一本の太い線とする村落社会共同体結合にとくに特色づけられる。人びとの小宇宙の解体と地縁,血縁性の紐帯(ちゆうたい)の稀薄化をもたらす近代社会を挟んで,現代社会では再度新しい地縁性の見直しがテーマ化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android