コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉派 ごは Wu-pai

7件 の用語解説(呉派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉派
ごは
Wu-pai

中国,明代の絵画における二大流派の一つ。北宗画系の浙派 (せっぱ) に対し,元末四大家の画風を踏襲した南宗画系の山水画風を主要な表現形式とした。元末四大家のうち倪 瓚 (げいさん) を除く3人が活躍の舞台の一つに呉 (蘇州) を選んだことや,呉出身の沈周 (しんしゅう) と弟子の文徴明が文人画の中心的存在となったため,この2家に連なり,それを継ぐ多くの画家たちに呉派の名を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐は【呉派】

中国、明代中期以降の画派。沈周(しんしゅう)を祖とし、文徴明董其昌(とうきしょう)など、南宗画を復活・展開した文人画家たちをいう。→浙派(せっぱ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呉派【ごは】

中国,明代後半の画壇で主流を占めた南宗画派。明代の初め北宗画浙派(せっぱ)に圧倒されていた南宗画は15世紀後半より沈周文徴明らを中心に復興し,彼らの多くが呉(江蘇省)出身であったため浙派に対して呉派と名づけられた。
→関連項目呉歴藍瑛

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごは【呉派 Wú pài】

中国の清代に,江蘇省蘇州を中心に多くの学者が輩出した。彼らを蘇州の古名にちなんで呉派という。大きくは,経学,特に小学に長じている浙西学派に含まれる。漢代経学者の説,特に鄭玄(じようげん),許慎の解釈を固く尊崇し,宋学をきびしく排斥し,音韻訓詁に長じていた。恵周惕・恵士奇の父子に始まり,孫の恵棟によって基礎が確立し,さらに江南の江声,余粛客,江藩ら,江北の阮元,汪中らに受けつがれた。皖派【坂出 祥伸】

ごは【呉派 Wú pài】

中国の明代後半,江蘇省蘇州(呉)に栄えた文人画家による画派の名。明代前半に栄えた職業画工による浙派に対する語。沈周(しんしゆう)が元末四大家の画風を復興したことに始まり,文徴明とその周辺画家により様式的完成に導かれた。文徴明の親族や弟子たちの活動は16世紀後半に及び,呉派の全盛時代を築いた。これらの画家には,文伯仁,文彭,文嘉,陳淳,陸治,銭穀,朱朗,居節らがいる。その後,董其昌は南北宗論,文人画論を提唱し,呉派絵画の理論づけと擁護に努め,またみずから新しい絵画様式を打ち立て,後世の画壇に決定的な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごは【呉派】

中国・明代絵画の一流派。南宗画系の画風をもつものを北宗画系(淅派せつぱ)のものから区別していう称。沈周・文徴明・董其昌などがいる。
中国・清代考証学の一派。恵棟を祖とする。宋代の学をしりぞけ、漢代の学を重んじた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉派
ごは

中国、明(みん)代の山水画の流派の一つ。元末の四大家の流れを復活、それを展開して画派としての様式を形成した明代の南宗画(なんしゅうが)風の画家たちをいう。呉派の呉は蘇州(そしゅう)の古名で、この地の人が多かったので浙派(せっぱ)に対し呉派とよび、作風上の呼称ともなっている。明初に呉派の祖といわれる沈周(ちんしゅう)が出て蘇州は芸苑(げいえん)の中心としてよみがえり、その門下の文徴明は、蘇州の文人画家の中心にあって30余年活躍し、呉派の基礎をつくった。文徴明の一族と門下から文伯仁(ぶんはくじん)、文彭(ぶんほう)、文嘉(ぶんか)、陳淳(ちんじゅん)、陸治、居節、銭穀、朱郎、陸師道のほか多くの文人画家を出し、呉派は隆盛を誇り、16世紀後半の蘇州画壇の主流となった。明末に松江に董其昌(とうきしょう)が出て大成し、文人画の優位と正統性を主張した「尚南貶北(しょうなんへんぼく)論」を唱導し、次代の山水画に決定的な影響を与えた。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呉派の言及

【漢学】より

…中国近世の儒学として程朱学,陽明学が,宋・元・明の性理の学を代表したのに対し,清代におこった考証学によって,復古的に唱道された学術の方法である。顧炎武,閻若璩(えんじやくきよ),胡渭らが先駆的業績をあげ,呉派の恵棟,江声らによって経書ほんらいの精神は漢儒の経学によって追究しうる,とする自覚が高まり,皖(かん)派の戴震,段玉裁,王念孫らによって高度の学術成果を発揮した。その学問の特色は,《十三経注疏》を主材として史書や諸子の文献にも及び,漢・唐の時代の訓詁(くんこ)を重んじ,校勘・考証の札記(ノート)と研究者間の書信による交流を積みかさねて,許学(許慎の古代文字学)・鄭(てい)学(鄭玄(じようげん)の経書注釈)の復活と応用をきわめようとした。…

【考証学】より

…乾隆・嘉慶年間(1736‐1820)がその全盛期であって,乾嘉の学ともよばれている。 考証学の学派としては,恵棟を中心とする呉派と,戴震を中心とする皖(かん)派に分かれる。呉派が漢儒の学説を墨守し復古を主張したのに対し,皖派は必ずしもそれに拘泥することなく,創造的な研究を推し進めた。…

【山水画】より

…いやむしろ,元代からさらに明代中期までは,北宋華北山水画から南宋院体画風をも含めたより幅広い伝統によった,元の四大家以外の系統の画家たちの方が山水画壇の中でより大きな位置を占める一方,明代も中期以後になって,元の四大家につながる画家たちが勢力を増してくる。前者はその代表とされる戴進が杭州出身であったため,明代に入って浙派と称され,後者は沈周(しんしゆう)を始めとして主に蘇州出身の画家によって形成されたため,呉派と呼ばれ,あわせて明代絵画史を画する二大潮流をなした。明末に至って董其昌は禅の宗派にたとえて,浙派を唐の宗室画家の李思訓・李昭道父子に始まる北宗(ほくしゆう),呉派を盛唐の詩人でもあり文人画家でもある王維に始まる南宗(なんしゆう)とする南北二宗論を展開し,董源,巨然から米芾,米友仁,元の四大家を経て呉派文人画に至る,南宗画の正統を継承すると自負する自己の史的位置を,山水画の始源にまでさかのぼって確立しようとした。…

【南宗画】より

… では南宗画を唱えた意図は何であろうか。南北の系譜についていえば元以降,明・清にあってはどうかという点について董其昌,莫是竜は明言していないが,彼らの同調者あるいは後継者によれば,南宗は元の四大家ののち沈周(しんしゆう),文徴明,董其昌,清初の四王(王時敏,王鑑,王翬(おうき),王原祁(おうげんき))と続き,北宗は南宋画院の馬遠,夏珪,李唐,劉松年をうけて明の画院の戴文進にいたり,その後継者たちは浙江出身の戴文進にちなんで浙派と呼ばれ,沈周,文徴明ら蘇州(呉)出身者に代表される呉派文人画に対置される。そして浙派は呉派の側から狂態をたくましうする邪学であると非難されている。…

【明代美術】より

…ことに成祖長陵の稜恩殿は,当代を代表する建築である。
[絵画]
 明代の絵画は,山水画を中心として展開したが,その山水画は,およそ15世紀後半を境として,前後2期に分かれ,前半には浙派が,後半には呉派が流行した。浙派の名は,後にその祖と目された戴進が銭塘(浙江省杭州)の出身であったことから名づけられたものだが,初期には浙江省,福建省出身の画家達がその中心をなしていた。…

※「呉派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呉派の関連キーワード王巌張宗蒼東海張李士達呉椿陳淳徐賁蘇州語無梁殿清江(中国江蘇省)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone