松江(読み)しょうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「松江」の解説

松江
しょうこう / ソンチヤン

中国東部、上海(シャンハイ)市に属する市轄区。上海市の南西部に位置し黄浦江(こうほこう)に沿う。人口59万5378(2013)。元代の松江治で、1914年松江となり、1958年江蘇(こうそ)省から上海市に編入された。1998年同市の市轄区となった。上海の近郊農業地帯の一中心地で、米(二期作)、綿花、小麦、ナタネ(アブラナ)を産するほか、養豚、淡水養魚、野菜栽培が行われる。機械、紡績、冶金、化学、食品加工などの工場が立地する。滬杭(ここう)線によって上海の中心部や杭州(こうしゅう)と連絡し、上海の衛星都市の一つとして機能している。(そう)代に建立された興聖教寺塔(方塔)がある。

[船越昭生・編集部 2017年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「松江」の解説

まつえ【松江】

姓氏の一つ。

まつえ【松江】

島根県北東部にある地名県庁所在地宍道湖と中海との間にはさまれ、大橋川で南北に分断される。江戸時代は松平氏一八万六千石の城下町として栄えた。めのう細工八雲塗などの伝統的な手工業がある。昭和二六年(一九五一)国際文化観光都市に指定。明治二二年(一八八九市制

しょう‐こう ‥カウ【松江】

[一] 中国、呉淞(ウースン)江の異称
[二] 中国、上海市南西部の県。蘇州と並ぶ中国有数の農業地帯。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「松江」の解説

松江
しょうこう
Sōngjiāng

中国江蘇省南東部,上海の南西部にある都市
唐代に華亭県を置き,元代にこの地域を松江(三江の1つ)府と改称。農業が栄え,中国随一の綿業地帯。・清代には蘇州とともに重きをなした。「松江の (すずき) 」は古来より有名だが,現在は衰微

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「松江」の解説

しょうこう【松江 Sōng jiāng】

中国,上海市南西部の県。人口50万(1995)。黄浦江の上流にある。長江(揚子江)デルタ伸長とともに後漢から三国にかけて開発がすすめられ,代に近隣県の地を併せて華亭県として独立した。元代には府が置かれ,明に松江と改名した。太湖東部の平野のほぼ中央にあって農産物に恵まれ,唐・宋のころより,蘇州とともに〈財賦淵藪〉と称され,第一の穀倉地帯として名があった。元代には特に綿花栽培が盛んで,明・清時代も全国の紡績業の中心として,蘇州と並んで栄えた都市であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の松江の言及

【綿織物】より

…他方華南では,伝来が古くて紡織技術も進んでいたけれども,綿花の産量が少ないため綿布生産も少なく,やはり商品化はあまり進んでいなかった。このように事情の異なる南北の境界に当たる長江下流の松江府を中心として,商品生産としての綿織物が明代に発展した。 松江では元代に海南島から進んだ紡織技術が伝えられ,ある程度の商品生産が行われていたが,明代になって重税・重租に苦しむ零細農家の副業としての綿織物が急速に普及した。…

※「松江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android