コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲鳥の クモトリノ

デジタル大辞泉の解説

くもとり‐の【雲鳥の】

[枕]雲と鶴との綾(あや)模様の多い意から、綾と同音の「あや」にかかる。
「夕暮れは思ひ乱れて―あやに恋しき人の面影」〈風雅・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くもとりの【雲鳥の】

( 枕詞 )
鶴と雲の文様を綾に用いたことから、「あやに」にかかる。 「はかなきことも-あやに叶はぬくせなれば/千載 雑下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

雲鳥のの関連キーワード夕暮れ枕詞千載あや