コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷おこし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

雷おこし[菓子]
かみなりおこし

関東地方、東京都地域ブランド
主に台東区などで生産されている。江戸時代中頃、浅草・雷門の近くの露天商が売り始めたとされる。もち米をいったん蒸し、煎って膨らませたものに落花生や砂糖・水飴を混ぜて固めたもの。名前は「家を起こす」「名を起こす」に由来するとされ、縁起物としても喜ばれる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内の雷おこしの言及

【おこし】より

…これは蒸したアワを炒ってあめと琉球黒糖で固めたもので,当時この店の黒糖使用量は〈海内一〉といわれた。現在このアワおこしと並ぶ知名度をもつ東京の雷おこしは浅草寺雷門にちなんでの命名で,1795年(寛政7)同門再建のときから売り出されたものだという。 幕末近くの江戸にはいろいろなおこし売りが見られた。…

※「雷おこし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雷おこしの関連情報