コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷おこし

1件 の用語解説(雷おこしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

雷おこし

東京都台東区、浅草地区の名物菓子。うるち米を蒸かし、煎って膨らませたものを水飴、砂糖などで混ぜて練り固めたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の雷おこしの言及

【おこし】より

…これは蒸したアワを炒ってあめと琉球黒糖で固めたもので,当時この店の黒糖使用量は〈海内一〉といわれた。現在このアワおこしと並ぶ知名度をもつ東京の雷おこしは浅草寺雷門にちなんでの命名で,1795年(寛政7)同門再建のときから売り出されたものだという。 幕末近くの江戸にはいろいろなおこし売りが見られた。…

※「雷おこし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雷おこしの関連情報