雷丸(読み)らいがん

精選版 日本国語大辞典「雷丸」の解説

らい‐がん ‥グヮン【雷丸】

〘名〙 類の根に寄生する担子菌マツタケ科の菌体。中国に産する。不整斉の塊状で径一~二センチメートル、表面は黒く内面白色条虫駆除薬に使われる。
正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献薬帳「雷丸八斤四両」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android