コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷神2 らいじん2

1件 の用語解説(雷神2の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

雷神2

東北大学と北海道大学が共同開発した超小型地球観測衛星の名称。2014年5月24日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、その後、各種の試験運用を続けていた。7月2日、同衛星は、搭載された高解像度多波長望遠鏡システム(HPT)を用いて地表のカラー撮影に成功した。撮影された場所は、新潟県南部の南魚沼市の一部、約3.2km x 2.2kmの範囲。地表での空間解像度は目標としていた約5mを達成しており、重量50kgクラス超小型衛星としては、世界最高の性能を更新した。今後は世界初となる、波長選択が可能な宇宙用液晶フィルターを用いたスペクトル撮影に挑戦していく。これが成功すれば、大型衛星に匹敵する高解像度のスペクトル計測の手段を獲得することとなる。

(2014-7-8)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷神2の関連キーワード帝国大学北海道大学道都大学北海道教育大学北海道大学構内遺跡旧帝大北大学術研究懇談会ボイスケアのど飴仙台六大学野球

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雷神2の関連情報