コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雷鳴の壺 カミナリノツボ

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐の‐つぼ【雷鳴の壺】

平安京内裏の襲芳舎(しほうしゃ)の異称。雷鳴のときに天皇が臨御(りんぎょ)したのでいう。かんなりのつぼ。

かんなり‐の‐つぼ【雷鳴の壺】

かみなりのつぼ」に同じ。
「―に人々集まりて」〈古今・秋上・詞書〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例