雷鳴(読み)らいめい(英語表記)thunder

翻訳|thunder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雷鳴
らいめい
thunder

電光に沿って大気が急激に膨張するために発生する音。稲妻が起こるときの電気エネルギーの約 4分の3は,イオン化した分子の衝突によって,稲妻近くの大気の加熱に消費される。一瞬の間に温度は 3万℃程度にまで上昇し,その結果気圧の衝撃波が発生し,空中を伝播する。これが雷である。雷がよく聞こえるのは稲妻から約 15kmの距離までで,普通は 25kmで聞こえなくなり,最大でも 40kmまでしか達しない。雷放電そのものは 0.5秒以下というごく短時間の現象であるが,放電路の長さが 2~14kmにもなるので,耳までの到達時間が異なり,また干渉などによって,音はごろごろと低くなる。周波数振動数)は 30~100Hzくらいである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

雷鳴【らいめい】

雷放電によって生ずる音。放電経路にある空気は瞬間的に1万℃程度に熱せられて爆発的に膨張し,衝撃波を生ずる。ゴロゴロと聞こえるのは,多重放電であること,放電経路の各部分で音を発すること,その音波が大気中で屈折・反射することなどにより,到達時間に差ができるためである。雷鳴の到達距離は通常20km,最大50km。
→関連項目電光雷雨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

らいめい【雷鳴】

かみなりの音。かみなり。 [季] 夏。 《 -を尽くせし後の動かぬ月 /中村草田男 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雷鳴
らいめい
thunder

雷が鳴り響く音。雷放電があると放電路上の空気が急激に熱せられるため破裂音を生ずる。これが温度の不均一な大気層を通過してくる間に「ゴロゴロ」と引き延ばされた音になる。音速が毎秒340メートルであることを考えれば、電光と雷鳴のずれから、雷撃点までの距離が推算できる。雷鳴の聞こえる範囲はおよそ10キロメートルである。[三崎方郎]
『孫野長治著『雲と雷の科学』(1969・日本放送出版協会) ▽畠山久尚著『雷の科学』(1970・河出書房新社) ▽竹内利雄著『雷放電現象』(1987・名古屋大学出版会) ▽饗庭貢著『雷の科学』(1990・コロナ社) ▽速水敏幸著『謎だらけ・雷の科学――高電圧と放電の初歩の初歩』(1996・講談社) ▽北川信一郎著『雷と雷雲の科学――雷から身を守るには』(2001・森北出版) ▽中谷宇吉郎著『雷』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雷鳴の関連情報