電力損失(読み)でんりょくそんしつ(英語表記)electric power loss

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電力損失
でんりょくそんしつ
electric power loss

電気エネルギーが使用目的以外に消費されること。たとえば銅線に電流が流れるとジュール熱が発生し,銅線の温度を上げるだけで熱はまったくむだになる。これを,一般に,銅損という。変圧器などの鉄の内部では磁束が変化するので,渦状に電流が流れ,ジュール熱が生じる。これを渦電流損という。また鉄が磁化されるとき,ヒステリシス損が生じる。両者を合せて鉄損という。送電線路にコロナ放電が発生すると電力損失が生じ,これをコロナ損失という。電流の振動数が高い場合は,電磁波となってエネルギーが消失する。これを放射損失という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電力損失の関連情報