コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子交付 でんしこうふ

2件 の用語解説(電子交付の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

電子交付


開示書類をインターネットを通じて交付すること。
投資家は販売会社へ事前に届け出ることにより、「投資信託説明書(目論見書)」や「取引報告書」などをインターネット等を通じて電子的に受け取ることができる。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

電子交付

平成13年10月の内閣府令の改正により、さまざまな法律によって規定されている書面をインターネット等を通じて、電子的に交付したり、送付したりすること。募集や売出しの際に発行される「目論見書」や、取引の都度交付される「取引報告書」、定期的に交付される「取引残高報告書」などがそれにあたる。投資家は、電子的な書面交付を受けるためには、証券会社に対し、事前に届け出る必要がある。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子交付の関連キーワード府令内閣府助教授除籍簿総理府令地域主権戦略会議特命担当大臣内閣府令筆界特定制度内閣府参与

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電子交付の関連情報