電子証明書(読み)デンシショウメイショ

ASCII.jpデジタル用語辞典「電子証明書」の解説

電子証明書

インターネットでデータ偽造やなりすましを防ぐための証明書。主に、公開暗号化通信でデータの暗号化に使う公開鍵が本物であることを証明するために、認証局CA)によって発行されるものを指す。公開鍵証明書ともいう。電子証明書には、偽造されないように電子署名が添付される。SSL暗号化通信を利用しているオンラインショップサイトの場合、電子証明書によってショップサイトが実在することを証明する。決済の手続きでは、ショップ側からユーザーWebブラウザーに電子証明書付きの公開鍵が送信される。ユーザー側のWebブラウザーは、この公開鍵を使って秘密鍵を暗号化し、ショッピングサイトに送信する。これにより、お互いが秘密鍵を持つことで通信の安全性が保たれる。日本では、個人の身分証明書としても電子証明書が利用されており、住民基本台帳カードに電子証明書を記録することで、オンラインによる納税などができる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「電子証明書」の解説

でんししょうめいしょ【電子証明書】

インターネットを通じてやり取りされるデータの正当性を保証する電子的な証明書の総称認証局により発行され、電子署名と合わせて、データの作成者が誰なのかを示し、データが改ざんされていないことを保証する。◇「デジタル証明書」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「電子証明書」の解説

でんし‐しょうめいしょ【電子証明書】

インターネットの電子商取引などで、個人・法人の存在、信頼性、正当性を保証する証明書。偽造や不正利用を防ぐため、暗号などのセキュリティー技術が用いられる。証明書を発行する機関認証局という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android