電気変位(読み)でんきへんい

精選版 日本国語大辞典の解説

でんき‐へんい ‥ヘンヰ【電気変位】

〘名〙 物質の電気分極Pに、いわば真空の分極ともいうべき ε0E を加えたもの。ベクトルDで表わす(D=P+ε0E)このベクトルDの不連続点には真電荷が存在する。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の電気変位の言及

【電束密度】より

…電気変位ともいう。誘電体(絶縁体)内部の電場に関連して用いられる補助的なベクトル場。…

※「電気変位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android