コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電束密度 でんそくみつど electric flux density

6件 の用語解説(電束密度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電束密度
でんそくみつど
electric flux density

電気変位ともいった。真空または誘電体中での電場において真電荷がつくるベクトル場。電場 E には真電荷のほかに分極電荷も寄与するのに対し,電束密度 Dマクスウェルの方程式の1つ divD=ρ でも示されるように,真電荷 ρ の分布だけから求められ,分極電荷を考えなくてよいので計算に都合がよい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

でんそく‐みつど【電束密度】

単位面積当たりの電束電気変位

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

電束密度【でんそくみつど】

電気変位とも。誘電体中の任意電場と,それによって生じた誘電分極とを加え合わせたベクトル量。→誘電体
→関連項目電流誘電損失誘電率

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

でんそくみつど【電束密度 electric flux density】

電気変位ともいう。誘電体(絶縁体)内部の電場に関連して用いられる補助的なベクトル場。誘電体内部の任意の場所の電場をE,分極(単位体積当りの電気双極子モーメント)をPとするとき,D=ε0EPで定義されるベクトルDを,その場所の電束密度と呼ぶ。ここでε0は真空の誘電率である。誘電体の外部(すなわち真空中)ではP=0であるから,上述の関係はD=ε0Eとなり,電束密度と電場には本質的な差はなくなる。ふつうの誘電体中では分極Pはその場所の電場Eに比例し,したがって電束密度DEに比例する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんそくみつど【電束密度】

電場ベクトルと真空誘電率の積と電気分極の和で表されるベクトル量。閉曲面内中の真電荷の総量は、その閉曲面を通る電束に等しい。電気変位。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電束密度
でんそくみつど

誘電体の中の単位面積当たりの電束。電気変位ともいう。電磁理論では、電界(電場)に関することは、電界の強さ(電界E)と電束密度Dを用いて表す。電束密度は電界に比例し、その比例定数を誘電率という。誘電率は空間を満たしている物質の電気的な性質を表す。電界は電荷に働く電気力の強さに関するものである。電束密度は電荷分布に関して定義される。真空中では、電束密度は、電界Eのε0倍(ε0=8.85×10-12F/m)と定める。このように定めると、電気量Qクーロンを囲む閉曲面を通る全電束数はQ本となる。この空間を誘電体で満たす。この場合を、真空中の場合と同じように考えるとき、閉曲面で囲まれる電荷としては真電荷Q(勝手に付け加えたり、取り除いたりできる電荷)のほかに物質を構成する全電荷を考慮しなければならない。物質は分極していない状態では、物質を構成する電荷は正負がつり合ってゼロである。物質が分極して正負の電荷が変位し、とくにこの変位が閉曲面をまたいでおこる場合、閉曲面内の物質を構成する電荷の正負のバランスが崩れることになる。閉曲面を通る電束数をε0Eを用いて数えると、真電荷Qから閉曲面を通って外へ変位した分極電荷を差し引いた値となる。付加したり除いたりできる真電荷と異なり、後者の電荷は制御しえないものであるため、閉曲面を通る電束数を真電荷に関するものに限定すると都合がよい。そのためには、ε0Eに分極Pによる電荷の変位を補正して電束密度を定義する必要がある。電束密度を次のように定める。
  D=ε0EP
この電束密度を用いると、閉曲面を通る電束数は、それが囲む真電荷の電気量と一致する。[山口重雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電束密度の関連キーワード絶縁体電気感受率電気変位誘電体吸湿効果時間効果電気熱量効果べーニング効果(電気)モット絶縁体誘電材料

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone