コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気石花崗岩 でんきせきかこうがんluxullianite, luxulianite, luxulyanite, luxulian

岩石学辞典の解説

電気石花崗岩

電気石を含む斑状黒雲母花崗岩で,大きな赤い正長石が暗色石基に含まれるもの[Pisani : 1864].電気石針状結晶放射状の車輪状になって間を石英が埋めている.自己気成作用により形成されたもの[Tröger : 1935],あるいは花崗岩の交代作用で置換された岩石とされる[Flett : 1909].英国,コーンウォールのルクスライアン(Luxulyan)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android