コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気通信事業 でんきつうしんじぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気通信事業
でんきつうしんじぎょう

電気通信事業法に規定された,電気通信役務を他人の需要に応ずるために提供する事業。ただし,受託放送事業,有線ラジオ放送,有線放送電話役務,有線テレビジョン放送などは除かれる。電気通信事業は,伝送路交換機などの電気通信回線設備をみずから設置する第1種電気通信事業と,それ以外の第2種電気通信事業とに分けられる。前者は,電話事業を中心とした回線提供事業であり,従来は日本電信電話公社が独占していたが,1985年の自由化に伴って新電電各社が参入し,市外通話で価格競争を繰り広げた。後者は第1種電気通信事業者から電気通信回線を借りてサービス (特に電気通信回線になんらかの付加価値を付す VANサービス) を提供する回線再販業である。第1種電気通信事業は許可制であり,第2種電気通信事業は,一定規模以上の電気通信設備を不特定・多数の通信の用に,また国際電気通信設備を他人の通信の用に供する特定第2種電気通信事業が登録制,それ以外の一般第2種電気通信事業が届け出制となっているが,インターネット時代に無意味となりつつあるこの区分を廃止する改正が 2003年に予定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

電気通信事業の関連キーワード第二種電気通信事業者日本電信電話株式会社第一種電気通信事業者日本電信電話[株]キャリアズキャリア初期契約解除制度回線リセール業者アクセスチャージ付加価値通信網ドライカッパーC&W[会社]公衆電気通信法第二電電[株]carrierコモンキャリア回線リセール公衆通信回線加入者回線電話加入権技適マーク

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電気通信事業の関連情報