コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波無響室 デンパムキョウシツ

デジタル大辞泉の解説

でんぱ‐むきょうしつ〔‐ムキヤウシツ〕【電波無響室】

電波暗室

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱむきょうしつ【電波無響室 electromagnetic darkroom】

電波暗室ともいう。音に対する無響室,光に対する暗室に相当するものである。通常電波機器たとえばアンテナなどの設計は,それが無限に広い空間におかれたときにどのような特性をもつかという仕様によって設計されることが多い。したがってその特性を実験で調べるためには,電波的に無限に広い空間すなわち被試験体以外からは反射の電波がない空間が必要になる。このようなものを有限空間に作るためには,有限空間の壁に相応電波吸収体を張りめぐらせばよいことになる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電波無響室の関連情報