コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波吸収体 でんぱきゅうしゅうたい electromagnetic wave absorber

1件 の用語解説(電波吸収体の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱきゅうしゅうたい【電波吸収体 electromagnetic wave absorber】

電波が反射せずにすべてのエネルギーを吸収する,すなわち熱に変えてしまうようにくふう,設計されたもの。一般に電波はそれまで伝搬していた空間と性質の異なる物にあたると,一部のエネルギーが反射されるが,それが望ましくない場合があり,電波吸収体テレビ電波のゴースト対策や軍事利用などが検討されている。用いられる材料は電磁エネルギーを熱に変える特性をもつことが必要で,通常は電気的なものとしてカーボン粉末を発泡スチロールウレタンまたはゴムなどに混入させたもの,磁気的なものとして磁性材料である焼結フェライトまたはその粉末をゴムや塗料に混入したものが用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電波吸収体の関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝化学エネルギー光分解熱エネルギー真空のエネルギー二次エネルギー維持のエネルギーエネルギー学吸収エネルギー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電波吸収体の関連情報