コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無響室 むきょうしつ anechoic room

6件 の用語解説(無響室の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無響室
むきょうしつ
anechoic room

音響実験に用いる部屋。外部からの雑音を遮断するため周囲を厚さ 20~30cmのコンクリート壁で造り,内部で実験に使う音源から発した音波が壁で反射して干渉を起さないように,壁面に吸音材を張りつけ完全吸収に近い状態にしてある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むきょう‐しつ〔ムキヤウ‐〕【無響室】

音の反響が無視できるほど小さい特別の部屋。壁・床・天井に音を吸収する素材を内張りして、残響音を取り除いている。スピーカーマイクロホンの音響測定、聴力の精密検査、機械が発する動作音の測定などに用いられる。→残響室

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無響室【むきょうしつ】

マイクロホンの周波数特性など音響機器の性態測定や物体の音の反射,吸音特性を調べるのに用いられる音響実験室。室外の音響や振動を完全に遮断(しゃだん)するとともに,床・天井・壁を厚い吸音体でおおい,室内の反響が生じないようにしてある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むきょうしつ【無響室 anechoic room】

音響実験室の一つ。周囲の壁面での音の反射をほとんどなくして,室内の響きがまったくないように作られた室をいう。室内の響きをできるだけ長くした残響室と対比される。 床,天井,壁の吸音材料として,一般には,ガラス繊維材などの多孔質吸音材料くさび形に成形した材料が数多く使われている。その寸法は縦横20cm程度,長さ1m前後で,壁から数十cmの空気層を設けて設置してある。低い音から高い音まで一様に99%以上も吸音するが,くさびの長さと空気層の厚さが大きいほど,より低い音まで吸音する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むきょうしつ【無響室】

壁・床・天井に音波を吸収する装置・構造を施して、反響がないようにした部屋へや。音響測定に使われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無響室
むきょうしつ
anechoic room

音の測定に用いるために、室内での音の反響を無視できるほど小さく設計した特別の室。スピーカーやマイクロホンなどの音響測定、産業機械から発生する騒音の測定、人間の聴力の精密測定、音の立体感覚の測定など、多くの目的に使用され、音の測定の基本的施設として重要である。
 一般の室では、音源から直接放射された音のほかに、床や天井を含む壁面で反射される多くの成分を含む。そのため、内部の音の分布状態が非常に複雑になり、音の測定には向かない。無響室は、床や天井を含む壁面を吸音力の大きな材料で覆うことにより音の反射をなくし、有限のスペースでありながら音響的には無限の広さをもった空間と等価な状態をつくるものである。理想的な無響室では、音源から放射された音は放射方向に伝わるだけで、反射してくる成分を含むことはない。このような音の状態を自由音場(おんじょう)とよぶ。壁面に使用する吸音材としてもっともよく使われるのはガラス繊維である。太さ10マイクロメートル前後のガラス繊維を綿状にしたものは、音をよく吸収する性質がある。これを楔(くさび)型に成形すると、微量の反射があっても室内に戻ってこないようにすることができる。無響室では、室外からの音や振動が入ってこないようにする必要もある。このため吸音壁の外側の外壁は十分の厚さをもった剛壁とし、また必要に応じて吸音壁を含めた内部を防振ゴムなどを用いて浮かせるなどのくふうがとられる。無響室は容積が大きければ大きいほど、自由音場として使える空間が広くなるので、事情が許す限り大きいことが望ましい。[吉川昭吉郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無響室の関連キーワード吸音率風の音のRI実験室正反射実験室四肢周囲測定X線の反射壁面効果残響室フラッターエコー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無響室の関連情報