コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電流秤 でんりゅうばかり ampere balance

1件 の用語解説(電流秤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんりゅうばかり【電流秤 ampere balance】

電流単位アンペアを定義に従って実現する電流の絶対測定に用いられる装置。その方法には一定電流の流れる二つのコイル間の力を質量標準と比較して求める電流ばかりと,コイル間の回転力を用いるエレクトロダイナモメーターがある。図に電流ばかりの原理を示す。FC,F′Cは固定コイル,MCは可動コイルでてんびんの一つの腕からつり下げられている。一つの固定コイルと可動コイル間の力は,で表される。f,I,M,xそれぞれ,力,電流,相互インダクタンス,上下方向の変位である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電流秤の関連キーワードアンペアアンペア回数アンペア時アンペア計アンペアの法則アンペアメーターアンペアターン(電磁気学)アンペアターン毎メートル(電磁気学)アンペア毎メートル(電磁気学)契約アンペアの変更

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone