コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電磁ブレーキ でんじブレーキelectromagnetic brake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電磁ブレーキ
でんじブレーキ
electromagnetic brake

摩擦ブレーキで,ブレーキシューの押しつけや離脱を電磁石の吸引力で操作する方式のもの。 (1) 電磁石で直接にブレーキシューを押しつける方式と,(2) ばねその他の力で常にブレーキがかかる状態にしておき,これを電磁石で引離して使用する方式とがある。 (2) は停電時でもブレーキが確実に作動するので,物上げ機械その他の非常停止用に活用される。 (1) は一般小型機械に通常使用される。 (→電磁制動 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんじブレーキ【電磁ブレーキ】

ブレーキの一。回転する金属円板に磁石を近づけると、円板上に渦うず電流が生じ、磁界に対する反作用で回転に制動がかかるのを利用したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の電磁ブレーキの言及

【ブレーキ】より

…自転車の後輪や巻上げ機によく使われている。 摩擦ブレーキは,押しつけ力の発生方法によって,圧縮空気を利用する空気ブレーキ,油圧を利用する油圧ブレーキ,あるいは電磁石の吸着を利用した電磁ブレーキなどと区別して呼ぶことがある。自動車の常用ブレーキはペダルに加えた力で油圧を発生させてピストンを動かす構造の油圧ブレーキである。…

※「電磁ブレーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

電磁ブレーキの関連キーワードエスカレーターブレーキ装置電気ブレーキ運搬機械ホイスト反作用渦電流磁界制動