コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレーキ ブレーキ brake

翻訳|brake

6件 の用語解説(ブレーキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレーキ
ブレーキ
brake

制動装置。機械類の運動を停止または抑制・調速するのに用いる装置で,運動のエネルギー熱エネルギーその他に変換して消失させる。一般には,固体間の摩擦力を利用した摩擦ブレーキを使用するが,運動エネルギー電気エネルギーに変える電気ブレーキ (発電ブレーキ電力回生ブレーキ) もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブレーキ(brake)

機械の運動を停止させたり減速させたりする装置。制動機。「ブレーキがよくきく車」「サイドブレーキ
事物の進行・進展などを妨げるもの。歯止め。「チャンスにブレーキとなったバッター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブレーキ

自動車,鉄道車両クレーンなどの速度を減少させ,または停止させる装置。運動部分の運動エネルギーを他の形のエネルギーに変換することが制動作用の本質で,この変換の方法によって,摩擦ブレーキ(機械ブレーキとも),流体ブレーキ電気ブレーキなどに分ける。
→関連項目油圧ブレーキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ブレーキ

2012年製作のアメリカ映画。原題《Brake》。監督:ゲイブ・トーレス、出演:スティーヴン・ドーフほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ブレーキ【brake】

ブレーキ装置,制動装置ともいう。動いている物を減速・停止させ,また,止まっている物が動き出すのを防ぐ働きをする装置。このような働きを実現するには,運動に逆らう抵抗力を作用させればよい。この抵抗力を物理的性質に基づいて分類すると,摩擦力,電磁力,推力となる。摩擦力はさらに固体間に作用する固体摩擦力と流体に作用する流体摩擦力とに大別される。電磁力は,例えば,発電機を回すときにその回転を止める方向に作用する力であり,抵抗力としての推力は,例えばロケットの逆噴射による力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブレーキ【brake】

機械の運動を停止または減速させる装置の総称。制動機。 「急-」 「エア--」
物事の進行を抑制するもの。順調な進行を妨げるもの。歯止め。 「進行に-がかかる」 「一度怒り出すと-がきかなくなる」 「四番バッターが-となる」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブレーキの言及

【自動車】より

…四輪のガソリン自動車は86年にダイムラーによってつくられた。エンジンは460cc,1.1馬力,650rpmで,最高速度は15km/h,車体は馬車そのもので背が高く,ステアリングは十文字の棒をまわすと前輪が車軸ごと首を振り,ブレーキは小さな丸ハンドルをまわすと木片が車輪に押しつけられる構造になっている。その後,エンジンの出力をあげるために排気量の増大がはかられ,1900年代の初めころには排気量6000ccのエンジンも現れるようになった。…

【着陸装置】より

…そこで1930年代にアメリカで機首に首振式の前輪をつけ,主輪は重心よりやや後方の左右に置く前輪式着陸装置が使われ始めた。これは滑走中の方向安定がよいほか,ブレーキを強くかけても前へつんのめらず高速での着陸に適するので,第2次大戦後は前輪式が主流になった。このほかに主輪を自転車のように前後に並べ,左右に補助輪をつけた飛行機も少数ある。…

【鉄道車両】より

…建築限界は車両限界との間に一定の離隔をもって決められ,その寸法は鉄道の種類によって異なる。
[ブレーキと連結器]
 鉄道車両を安全に運転し,所定の位置に停止させるためにブレーキ装置は重要であり,法規上も種々の規定が設けられている。ブレーキ装置は,機械式ブレーキと電気式ブレーキに大別され,前者には,制輪子を車輪踏面に押しつける制輪子ブレーキ,制輪子を車輪とは別の回転体に押しつけるディスクブレーキ,制輪子をレールに押しつけるレールブレーキなどの種類があり,後者の電気式ブレーキには,車両の運動エネルギーを利用して主電動機を発電機として使用し,得た電気エネルギーを抵抗器によって熱として消費する発電ブレーキ,同様にして得た電気エネルギーを電車線を通して返還する電力回生ブレーキなどの種類がある。…

※「ブレーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブレーキの関連キーワードSTOL機VTOL機CR 機CTOL機シヤーエアフレーム/機体乾燥器(機)DOS/V機千切(機)変換器(機)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブレーキの関連情報