電閃(読み)デンセン

大辞林 第三版の解説

でんせん【電閃】

いなずまがひらめくこと。いなびかり。
刀がいなずまのようにひらめくこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐せん【電閃】

〘名〙
① 電光がひらめくこと。いなびかり。いなずま。
※済北集(1346頃か)二・夜雨「天際送眸看電閃、窓中掩耳待
② 刀などの刃がいなずまのようにひらめくこと。
※いたづら小僧日記(1909)〈佐々木邦訳〉「大きな医刀(メス)だった。光芒電閃(デンセン)春尚ほ寒く光ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android