稲光(読み)いなびかり

精選版 日本国語大辞典「稲光」の解説

いな‐びかり【稲光】

〘名〙
① =いなずま(稲妻)①《季・秋》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
※俳諧・新類題発句集(1793)秋「音せで稲の葉分かな〈六花〉」
② (比喩的に用いて) ある気持を瞬間的に相手に感じさせるような表情。
※俳諧・茶のさうし(1699)「雪をまつ上戸の㒵(かほ)やいなびかり〈芭蕉〉」
[語誌]「いなずま」と同じ現象を指し、平安時代から共に見えるが、「いなびかり」は散文に用いられ、和歌では用いない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「稲光」の解説

いな‐びかり【稲光】

稲妻1」に同じ。 秋》「くらがりの手足を照らす―/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「稲光」の解説

稲光
いなびかり

電光

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲光の言及

【雷】より

…この種の放電を火花放電,スパークとよぶ。自然が起こす火花放電が雷で,このとき放射される光が電光,稲妻,あるいは稲光lightningで,音が雷鳴thunderである。この火花放電は,雨,雪,ひょう等を降らせる対流雲の発電作用によって生じ,その規模はきわめて大きく,放電路の長さは2~20km(代表値5km)で,中和する電荷は3~300C(代表値25C)である。…

※「稲光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android