コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離作用 デンリサヨウ

デジタル大辞泉の解説

でんり‐さよう【電離作用】

放射線が物質中を通過し、中性の原子や分子から電子を弾き飛ばして電離させる作用。ガイガーミュラー計数管は電離によって生じる電子を電気的な信号に変換することで、放射線量を計測する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

電離作用の関連キーワードチャールズ・トムソン・リーズ ウィルソンα線スペクトロメータA.H. ベックレルβ線スペクトロメータポケットチェンバーマッヘ(単位)ラザフォード中性子検出器半導体検出器放射線検出器原子核測定器スパーク光源ブラッグ曲線電離放射線グロー放電ウィルソン放射線障害原子核乾板比例計数管電離層嵐

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電離作用の関連情報