コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離作用 デンリサヨウ

デジタル大辞泉の解説

でんり‐さよう【電離作用】

放射線が物質中を通過し、中性の原子や分子から電子を弾き飛ばして電離させる作用。ガイガーミュラー計数管は電離によって生じる電子を電気的な信号に変換することで、放射線量を計測する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

電離作用の関連キーワードチャールズ・トムソン・リーズ ウィルソンα線スペクトロメータβ線スペクトロメータA.H. ベックレルポケットチェンバーマッヘ(単位)放射線検出器スパーク光源中性子検出器ラザフォード放射線測定器ブラッグ曲線原子核測定器ウィルソングロー放電原子核乾板電離放射線比例計数管放射線障害ブラッグ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android