コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線量 ホウシャセンリョウ

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃせん‐りょう〔ハウシヤセンリヤウ〕【放射線量】

物体に照射された放射線の量。→線量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

放射線量【ほうしゃせんりょう】

放射線量とは放射線のエネルギー吸収に関係した量をいうが,広義には照射線量線量当量を含む。通常は放射線の吸収エネルギーを物質の質量で除した量,すなわち吸収線量をいう。
→関連項目福島第一原発放射線放射線障害

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃせんりょう【放射線量 radiation dose】

放射線量とは放射線のエネルギー吸収に関係した量をいい,通常は放射線の吸収エネルギーを物質の質量で除した量,すなわち吸収線量をいう。広義には照射線量や線量当量を含む。
[吸収線量]
 放射線は電荷をもつ荷電放射線(運動エネルギーを有する電子や陽子など)と電荷をもたない非荷電放射線(X線やγ線など)に大別される。荷電放射線は,ある物質中を進むとき,その道筋に沿って分子原子励起あるいは電離する。非荷電放射線は,直接,分子や原子を励起あるいは電離することはできないが,物質との相互作用により運動エネルギーを有する荷電放射線を発生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

放射線量の関連キーワードブラッグ‐グレイの原理モニタリングポストオフサイトセンター県内の受け入れ基準遠隔操作ロボットアラームメーター緊急事態応急対策放射線監視装置政府の避難指示住民の避難計画フィルムバッジ個人の線量限度ホットスポット計画的避難区域帰還困難区域放射線測定器避難指示区域最大許容線量累積放射線量放射線防護

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放射線量の関連情報