コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震災がれき

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

震災がれき

東日本大震災で発生した。当初は岩手、宮城、福島の3県で計2500万トンあると推計され、国は被災地以外への広域処理に踏み切った。広瀬勝貞知事が県内受け入れを表明し、津久見市のセメント工場で宮城県分を処理する方向で話が進んだ。だが、処分量の見直しなどを経て辞退の連絡が入り、受け入れはなくなった。

(2012-12-27 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

震災がれきの関連キーワードいのちを守る森の防潮堤県内の受け入れ基準太平洋ゴミベルト東日本大震災

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

震災がれきの関連情報