霜柱草(読み)しもばしらそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霜柱草
しもばしらそう

シモバシラなどシソ科の植物では、初冬の冷え込みの厳しい朝などに、茎の道管を通じて土中の水分が輸送され、表皮を押し広げるようにして外側へ向かって霜柱状の氷結がみられる。その氷結の形から霜柱草の呼び名がある。氷結は株元から茎に沿って地上60センチメートルに及ぶこともあり、みごとに発達した霜柱は横に10センチメートルほどにも伸びる。[小林禎作・前野紀一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android