コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林禎作 こばやし ていさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林禎作 こばやし-ていさく

1925-1987 昭和時代後期の物理学者。
大正14年10月22日生まれ。昭和55年北大低温科学研究所教授となる。雪の結晶の研究で知られた。昭和62年3月8日死去。61歳。東京出身。北大卒。著作に「雪華図説考」「雪はなぜ六角か」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林禎作の関連キーワードベントレー(Wilson Alwyn Bentley)雪(snow)中谷宇吉郎雪の美術館物理学者積算寒度土井利位すじ雲霜柱草初雪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android