コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霧島一博 きりしま かずひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霧島一博 きりしま-かずひろ

1959- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和34年4月3日生まれ。君ケ浜部屋に入門。昭和50年3月初土俵。57年5月新十両,59年7月新入幕。得意技左四つ,寄り。科学的トレーニングで筋力をきたえ,平成2年5月31歳で大関昇進。3年1月幕内優勝。8年3月引退。のち年寄り名跡は錣山(しころやま),勝ノ浦をへて,陸奥(みちのく)親方となり陸奥部屋をつぐ。幕内在位71場所(大関16場所),通算成績は518勝507敗。殊勲賞3回,敢闘賞1回,技能賞4回。鹿児島県出身。本名は吉永一美。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

霧島一博の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android