コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露木恒之進 つゆき つねのしん

1件 の用語解説(露木恒之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

露木恒之進 つゆき-つねのしん

1833-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。林左衛門の子。阿波(あわ)徳島藩士。京都で剣術を指南する。三条実美(さねとみ)の知遇をうけ,文久3年七卿落ちの際実美にしたがうが,慶応3年脱藩の罪で捕らえられ,同年7月27日病没。35歳。名は成親。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

露木恒之進の関連キーワード小田彦三郎金輪五郎宍戸弥四郎高橋雄太郎丹羽精蔵野村助作蓮田市五郎藤田周敏御園紹元山徳権之允

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone