コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露木恒之進 つゆき つねのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

露木恒之進 つゆき-つねのしん

1833-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。林左衛門の子。阿波(あわ)徳島藩士。京都で剣術を指南する。三条実美(さねとみ)の知遇をうけ,文久3年七卿落ちの際実美にしたがうが,慶応3年脱藩の罪で捕らえられ,同年7月27日病没。35歳。名は成親。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

露木恒之進の関連キーワードハーシェルファラデーイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵しし(獅子)座流星群クロスビースロイスフロランマーシャルルボウスキー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android