コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

込める/籠める コメル

デジタル大辞泉の解説

こ・める【込める/籠める】

[動マ下一][文]こ・む[マ下二]
ある物の中に、しっかり収め入れる。詰める。「弾を―・める」
その中に十分に含める。特に、ある感情や気持ちを注ぎ入れる。「力を―・める」「願いを―・める」「真心を―・めた贈り物」
ある範囲に別の物を含める。「税金を―・めた価額」
霧・煙などが辺り一面に広がる。たちこめる。「霧が―・める」
閉じこめる。こもらせる。
「女をばまかでさせて、蔵に―・めて」〈伊勢・六五〉
包み隠して表に出さないようにする。
「世の人聞きに、しばしこの事出ださじと、せちに―・め給へど」〈・行幸〉
力でおさえつける。また、やりこめる。
「あんまり―・めてくれるな」〈伎・四谷怪談

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

込める/籠めるの関連キーワード墨は餓鬼に磨らせ筆は鬼に持たせよリムーバブルスティッキングメモ言い入れる・言入れる折りたたみ式自転車Lightningちゃぶ(卓袱)台Cyberdog検索コンパニオン如何いたしましてファイルブックMEGARYU高感度フィルムフットライトアンセルムス選奨土木遺産A. ミノー精を入れるタマゴヘビ相も変らず力を入れる

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android