コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山忠誠 あおやま ただしげ

美術人名辞典の解説

青山忠誠

陸軍歩兵中尉・子爵。江戸生。篠山藩主忠良の十男。幼名は鋪之丞、号は環峰。芳野金陵の塾に入る。その頃から育英報国の志を立て、子弟の教育に力を尽くした。また公共のために寄附することが多かった。明治20年(1887)歿、29才。明治25年正四位を贈られる。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山忠誠 あおやま-ただしげ

1859-1887 明治時代の華族。
安政6年2月15日生まれ。丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)藩主青山忠良(ただなが)の10男。明治17年子爵。18年陸軍中尉。旧藩士救済につとめ,また私財を投じ鳳鳴(ほうめい)義塾(篠山鳳鳴高の前身)を設立した。明治20年7月23日死去。29歳。江戸出身。陸軍士官学校卒。号は環峰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

青山忠誠の関連キーワード樋口 誠三郎デカンショ節市瀬禎太郎石橋 健蔵明治時代華族