コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山拙斎 あおやま せっさい

2件 の用語解説(青山拙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山拙斎 あおやま-せっさい

青山延于(あおやま-のぶゆき)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山拙斎
あおやませっさい
(1776―1843)

江戸後期の歴史学者、水戸藩士。名は延于(のぶゆき)、字(あざな)は子世(しせい)、通称は量助(量介)、号は拙斎また雲竜。家学を受け、立原翠軒(たちはらすいけん)に学ぶ。1823年(文政6)『大日本史』編集事業の責任者彰考館総裁となる。1840年(天保11)には水戸の藩校弘道館(こうどうかん)の開学に先だち、その教授頭取(総教)となり、350石を給せられ、藤田幽谷(ふじたゆうこく)らとともに藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)の藩政改革に尽力した。天保(てんぽう)14年在職中に没した。主著に『皇朝史略』(正続)、『明徴録』『拙斎文集』などがある。[瀬谷義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青山拙斎の言及

【青山延于】より

…江戸後期の儒学者。水戸藩士。通称は量介,号は拙斎。1794年(寛政6)彰考館に入り,1802年同館編修,23年同館総裁。26年から藩主徳川斉修(なりなが)の命を受けて《東藩文献志》の編纂を主宰した。40年(天保11)小姓頭となり,会沢正志斎とともに藩校弘道館の初代教授頭取に任ぜられた。史学と文学に秀で,《皇朝史略》《文苑遺談》などの著書がある。【鈴木 暎一】…

※「青山拙斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone