コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山拙斎 あおやま せっさい

2件 の用語解説(青山拙斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山拙斎 あおやま-せっさい

青山延于(あおやま-のぶゆき)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山拙斎
あおやませっさい
(1776―1843)

江戸後期の歴史学者、水戸藩士。名は延于(のぶゆき)、字(あざな)は子世(しせい)、通称は量助(量介)、号は拙斎また雲竜。家学を受け、立原翠軒(たちはらすいけん)に学ぶ。1823年(文政6)『大日本史』編集事業の責任者彰考館総裁となる。1840年(天保11)には水戸の藩校弘道館(こうどうかん)の開学に先だち、その教授頭取(総教)となり、350石を給せられ、藤田幽谷(ふじたゆうこく)らとともに藩主徳川斉昭(とくがわなりあき)の藩政改革に尽力した。天保(てんぽう)14年在職中に没した。主著に『皇朝史略』(正続)、『明徴録』『拙斎文集』などがある。[瀬谷義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青山拙斎の言及

【青山延于】より

…江戸後期の儒学者。水戸藩士。通称は量介,号は拙斎。1794年(寛政6)彰考館に入り,1802年同館編修,23年同館総裁。26年から藩主徳川斉修(なりなが)の命を受けて《東藩文献志》の編纂を主宰した。40年(天保11)小姓頭となり,会沢正志斎とともに藩校弘道館の初代教授頭取に任ぜられた。史学と文学に秀で,《皇朝史略》《文苑遺談》などの著書がある。【鈴木 暎一】…

※「青山拙斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青山拙斎の関連キーワード青山新町青山鉄槍斎青山延寿青山佩弦斎青山幸完青山幸哉青山幸孝青山幸礼青山幸寛青山幸宜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone