コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山延于 あおやまのぶゆき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青山延于
あおやまのぶゆき

[生]安永5(1776).水戸
[没]天保14(1843).9.6.
江戸時代後期の水戸藩の儒学者。彰考館総裁。『大日本史編纂に従う。主著皇朝史略』『東藩文献志』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あおやま‐のぶゆき〔あをやま‐〕【青山延于】

[1776~1843]江戸後期の儒学者。水戸藩士。号、拙斎(せっさい)。彰考館総裁として「大日本史」の編纂(へんさん)に従事。著「皇朝史略」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山延于 あおやま-のぶゆき

1776-1843 江戸時代後期の儒者。
安永5年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。立原翠軒(すいけん)にまなぶ。江戸彰考館総裁となり,「大日本史」を編修。また藩史「東藩文献志」をまとめ,藩校弘道館初代教授頭取もつとめた。天保(てんぽう)14年9月6日死去。68歳。字(あざな)は子世。通称は量介。号は拙斎,雲竜。著作に「明徴録」「文苑遺談」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

青山延于

没年:天保14.9.6(1843.9.29)
生年:安永5(1776)
江戸後期の儒学者。常陸国(茨城県)水戸藩士。字は子世,通称は量介,拙斎また雲竜と号した。立原翠軒の門に学び,寛政6(1794)年彰考館雇,享和2(1802)年同館編修。文政6(1823)年彰考館総裁となり,館員を督励して『大日本史』の校訂と上木の作業を促進した。天保1(1830)年総裁を辞任,のち書院番,通事,小姓頭を歴任。行き詰まりをみせる幕藩体制立て直しのため改革政治を主張,人材養成の急務を説き,学問教育の充実を訴えた。これは藩主徳川斉昭の容れるところとなり,天保12年藩校弘道館の開校として結実する。これより先11年藩校弘道館の教授頭取に任命される。史学に長じ,文章は水戸藩随一と評された。著書に『皇朝史略』『続皇朝史略』『明徴録』『文苑遺談』などがある。『皇朝史略』は要領よくまとめられた日本通史として,広く読まれた。墓は水戸市内の常磐共有墓地にある。

(小松徳年)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおやまのぶゆき【青山延于】

1776‐1843(安永5‐天保14)
江戸後期の儒学者。水戸藩士。通称は量介,号は拙斎。1794年(寛政6)彰考館に入り,1802年同館編修,23年同館総裁。26年から藩主徳川斉修(なりなが)の命を受けて《東藩文献志》の編纂を主宰した。40年(天保11)小姓頭となり,会沢正志斎とともに藩校弘道館の初代教授頭取に任ぜられた。史学と文学に秀で,《皇朝史略》《文苑遺談》などの著書がある。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおやまのぶゆき【青山延于】

1776~1843) 江戸後期の儒学者・歴史家。号は拙斎。水戸藩士。「大日本史」編纂に参与。彰考館総裁・弘道館教授頭取を歴任。著「皇朝史略」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青山延于
あおやまのぶゆき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青山延于の言及

【皇朝史略】より

…水戸藩の学者青山延于(のぶゆき)の著。《十八史略》などの体裁にならい《大日本史》を簡略にした史書。…

※「青山延于」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青山延于の関連キーワード弘道館記述義佐々木柳庵石川桃蹊藤田幽谷佐藤立軒青山延寿青山延光神祇志歴史家青山儒者参与

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android